まえちゃんの旅行記

ホテル宿泊記や海外・国内旅行、ドライブ・お得な旅行情報を発信するブログ

鉄道博物館に行ってみました! その2(埼玉県さいたま市)訪問記

みなさんこんにちは

今回は前回に引き続きさいたま市にあるJR東日本鉄道博物館の訪問記をご紹介します。

アクセス方法や開館時間などは”その1”にありますので、こちらを御覧ください!

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

早速本題へ行きます💨

新幹線の展示コーナーの先には鉄道に関わる様々な職種や役割が書かれています。

簡潔で分かりやすいです💡


f:id:maemaechan:20210828220510j:image

2F へ上がると日本の鉄道の歴史が紹介されています。

また鉄道だけでなく、当時の歴史背景や世界情勢まで記載されています。


f:id:maemaechan:20210828220543j:image

このコーナーや鉄道関連の部品展示コーナーは人がまばらでした。。

筆者はこっちのほうが好みです(^_^;)


f:id:maemaechan:20210828220607j:image

ところどころ映像技術を用いたスペースもあります。


f:id:maemaechan:20210828220635j:image

JR東日本管内の出来事もあります。

東北新幹線の実験線などもあります。


f:id:maemaechan:20210828220707j:image

アネックスの2Fからそのまま本館の2Fへ移動もできます。

天井が高く、照明の輝度も比較的暗めなので写真映えしやすいです。


f:id:maemaechan:20210828220733j:image

本館2Fにはレストラン、歴代のデビュー車両が写真・模型で展示されています。

模型のジオラマコーナーは更に奥へ進んだ場所にあります。

※入場制限を行っている場合がありますので確認してみてください。


f:id:maemaechan:20210828220756j:image

ふと窓を見ると立派なステンドグラスも。


f:id:maemaechan:20210828221246j:image

旅客用だけでなく貨物列車の展示もあります。


f:id:maemaechan:20210828220820j:image

もちろんJRコンテナも。

勤め先でよく見かけますがこんなにきれいなコンテナは初めて見ました(笑)


f:id:maemaechan:20210828220837j:image

貨物列車コーナーの反対側には世界初の高速鉄道東海道新幹線の0系が展示されています。

しっかり特設ブースもあります。


f:id:maemaechan:20210828220915j:image

令和になってもここまできれいに維持されています。

見てて感心しました。


f:id:maemaechan:20210828220935j:image

しかし残念ながら車内はコロナ対策の一環で立ち入ることはできません。

窓越しで我慢しましょう。


f:id:maemaechan:20210828221012j:image

本館北側には子供向けの電車コーナーがあります。


f:id:maemaechan:20210828221044j:image

身近な箇所の体験やプロジェクターを用いた描写できっと子どもたちの興味を湧かせると思います。


f:id:maemaechan:20210828221103j:image

余談ですが窓越しに新幹線も見えます!


f:id:maemaechan:20210828221136j:image

最後にミュージアムショップ。

時間帯によっては混雑で入場制限が取られます。

空いているスキを狙って入るのが吉です。


f:id:maemaechan:20210828221210j:image

皆さんいかがだったでしょうか。

大宮という関東圏内では抜群の好アクセス、鉄道が門外漢な人でも詳しい人でも楽しめる場所でした。

またほぼ館内で屋外も屋根付きが多いので悪天候でも気にせずに楽しめます。

これから悪天候や寒さがいや!!って方もぜひ検討してみてください!

 

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道博物館に行ってみました!その1(埼玉県さいたま市)訪問記

みなさんこんにちは

今回はJR東日本の電車が集まる博物館、鉄道博物館をご紹介します。

今回は展示物を中心に撮ったのでその1・2の2部構成になっています。

それでは早速本題へ入っていきましょう💨

 

www.railway-museum.jp


まずはアクセス方法からご紹介します。

 

www.google.com

 

・公共交通機関

JR新幹線・宇都宮・高崎・埼京・川越・東武野田線、大宮駅よりニューシャトル利用で約10分。

屋根付きなので濡れずに館内へアクセスできます。

 

・自家用車

国道17号・R17号新大宮バイパス・旧中山道方面からは県道216号で博物館方面へ。

駐車場はいくつかに分散しています。

 

駐車場は1日820円です。

 

*営業時間

10:00~17:00(最終入場:16:30)

 

入場券はオンライン且つ事前購入がオススメです!!

(前日まで買えます・時間指定で購入します)

f:id:maemaechan:20211011215613p:plain

料金(HPより)

今回は電車で来たので鉄道博物館駅からご紹介します。

 

鉄道博物館駅からは看板にそって歩くだけで着きます。

降りた所から早速電車の博物館を匂わせる雰囲気です。


f:id:maemaechan:20210828215426j:image

立派な蒸気機関車がお出迎えしてます。


f:id:maemaechan:20210828215450j:image

受付、チケット売場はこの先です。

アナウンスが流れてるので迷うことはないと思います。


f:id:maemaechan:20210828215517j:image

チケットはネットで事前販売してますので、予め買えば並ばすに入館できます!

ここで検温などを行います。

向かって左手はショップ・子ども向けコーナー、右手は鉄道の展示エリア・レストランがあります。


f:id:maemaechan:20210828215557j:image

入ってから明治時代の鉄道黎明期~昭和戦前~戦後~平成の順に展示されています。


f:id:maemaechan:20210828215631j:image

蒸気機関車の中も列車によっては入ることができます。

また足まわり(車両下部)も見れます。


f:id:maemaechan:20210828215703j:image

各電車には解説や当時役割が簡潔に記載されています。

多少の文は英語など多言語対応しています。


f:id:maemaechan:20210828215738j:image

蒸気機関車だけではなく、貨車、電気機関車、客車も展示されています。


f:id:maemaechan:20210828215756j:image

木造のレトロ感溢れる列車も入ることができます💡

博物館だけあって保存状態は流石っと思うレベルです👍️

維持している人には頭が上がりませんね😅


f:id:maemaechan:20210828215812j:image

蒸気機関車やかつての特急列車の展示エリア、中心から綺麗に列車が並んでます。


f:id:maemaechan:20210828215914j:image

新潟方面の列車も展示されています。

残念ながら車内には入れません。


f:id:maemaechan:20210828215945j:image

ここには客車。

日本で客車は乗ったことないので、一度は乗ってみたいものです。


f:id:maemaechan:20210828220017j:image

現在はコロナ対策もあり窓越しから見るのみです。


f:id:maemaechan:20210828220038j:image

昔の電車の展示もあります。

今は走ってないのかな?


f:id:maemaechan:20210828220103j:image

椅子はほぼ直角。

座り心地が気になります(^_^;)


f:id:maemaechan:20210828220123j:image

奥に進むとかつて東北新幹線等で活躍した列車も展示されています。

筆者も小さい頃よく乗った新幹線です(^_^;)


f:id:maemaechan:20210828220156j:image

外に出ると新幹線の車体と高崎・川越線の線路があります。


f:id:maemaechan:20210828220225j:image

 

別館に行くと初代つばさ号東北新幹線の主力新幹線が展示されています。

私事で恐縮ですが、E5系の製造は筆者の勤め先でも微力ながら関わっていて少し誇らしい気持ちになりました。


f:id:maemaechan:20210828220334j:image

ここにもかつて大活躍した特急列車があります。

コロナ前は昼食会場・休憩所として利用されましたが、現在は閉鎖中です。

グーグルの画像検索で我慢しましょう(・_・;)


f:id:maemaechan:20210828220300j:image

 

みなさんいかがだったでしょうか。

鉄道博物館は電車に詳しくない人でもしっかり楽しめる場所だと思います👍

また老若男女問わず楽しめるようにも作られているので筆者も楽しく見ることができました!

 

その2では別館から始めていきますのでお楽しみに💡

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

ヴィアイン岡山(岡山市)宿泊記

みなさんこんにちは

今回は岡山市のビジネスホテル、ヴィアイン岡山の宿泊記をご紹介していきます。

ヴィアインブランドはグランヴィア等を展開しているJR西日本ホテルグループのホテルでグランヴィアに比べリーズナブルに泊まれるプランが充実しているホテルです。

 

ご紹介順は

①概要

②外観・共用部

③客室

④朝食

⑤まとめ

の順にご紹介していきます。

 

↓公式サイトも載せておきます。

www.viainn.com

次にアクセス面をご紹介していきます。

・公共交通機関

JR山陽新幹線・山陽・瀬戸大橋・伯備線岡山駅西口より徒歩30秒です。

早朝・夜中でなければ速攻でアクセスできます。

 

・自家用車

山陽道岡山IC下車、R53号線を道なりに岡山駅方面へ。

進路向かって左側にあります。

所要時間は約20分前後です。

 

駐車場はホテル専用駐車場があります。

駐車料金は850円/泊です。

 

ホテルはサンステ岡山の5Fより上にあります。

 

www.google.co.jp

 

①ヴィアイン岡山は下層階にショッピングモール機能、上層階にホテルがあります。

比較的リーズナブルなホテルでもアサインされるフロアによっては景色も悪くないと思います。


f:id:maemaechan:20210909214616j:image

 

②次は共用部に行きます。

ロビーは開放感があり、広々しています。

あまりビジネスホテルの雰囲気はありません。

 


f:id:maemaechan:20210909215717j:image

レセプションフロアは5Fで、ロータリーに面してる為景色も良いです👌


f:id:maemaechan:20210909215828j:image

チェックインはフロントで対面、、ではなくチェックイン機で行います。

要領としては飛行機の自動チェックイン機に似ています。


f:id:maemaechan:20210909214649j:image

作りはシンプルで分かりやすく、初めてでわからない場合はスタッフがやり方を説明してくれるので安心です◎

ここでチェックイン・チェックアウト・決済まで完結します。


f:id:maemaechan:20210909214700j:image

部屋番号はレシートで発行され、カードキーが出てきますのでそれらを持って行きます。

エレベーターはカードキーで作動する一般的なタイプなのでチェックイン機以外はほぼ他と同じ作りです。


f:id:maemaechan:20210909215747j:image

客室エリアに入ると一気に上品さが漂うインテリアに。

ビジネスホテルにいる感じがしません。宛ら高級ホテルです。


f:id:maemaechan:20210909215044j:image

床の絨毯も比較的しっかりしているので、客室内に足音が伝わることも少ないと思います。

フロアによっては自動販売機やVOD券売機も設置されています。


f:id:maemaechan:20210909214753j:image

ここはランドリーコーナー。

ドラム式洗濯機が2台、氷マシンとお酒も販売してる自動販売機もあります。

ドラム式洗濯機は重さによって¥500~¥900(乾燥付き)で良心的な価格設定です。


f:id:maemaechan:20210909215114j:image

③共用部を見てきたところで次は客室へ💨

今回はごく一般的なスタンダードルームタイプで。

広さは20平米前後でビジネスホテルの1人部屋ではごく一般的な広さです。


f:id:maemaechan:20210909214946j:image

窓からは景色を見れますが、アサインされた部屋が少し悪かったのかあまり開放感ある景色ではありませんでした。

フロアとお部屋によって左右されそうな印象でした。


f:id:maemaechan:20210909215650j:image

ハード面ではウォシュレット付き3点バス・冷蔵庫・デスク・椅子・LAN・時計・メモ・ティッシュ・32インチTV・クローゼット・加湿空気清浄機・各種タオルです。

エアコンは普通に稼働していますが、冷蔵庫は手動で電源を入れる必要があります。

ここで注意する点は歯ブラシやコーム等のアメニティ類は部屋に備え付けではなく、レセプションフロアから必要な分を各自で持っていく方式です。

(場所はチェックイン機向かいです)


f:id:maemaechan:20210909215003j:image

必要な物がコンパクトに配置された印象です。


f:id:maemaechan:20210909215016j:image

水周りは典型的な3点バス。

石鹸はシャンプー・コンディショナー・ボディソープ・フェイスソープの4種類で、メーカーはDHC です。


f:id:maemaechan:20210909215137j:image

オリーブグリーンシリーズです。

初めて見たブランドです^^;


f:id:maemaechan:20210909215207j:image

フェイスソープはDHCではなく、ポーラでした。

一般的なホテルによくあるタイプで、泡で出てくるので手間いらずです✨


f:id:maemaechan:20210909215237j:image

④次は朝食を紹介します。

※朝食付きプランを選んでない場合は別途¥1,200が必要になります。

ここの朝食はセミブッフェ方式で和洋食を選び、サラダや小料理をブッフェで選ぶ方式です。

飲み物はコーヒーマシン他、各お茶、ジュースなどもあります。


f:id:maemaechan:20210909215308j:image

サラダや果物もありますが、品揃えは他のビジネスホテルより多いくらいだと思います。


f:id:maemaechan:20210909215337j:image

和食の白飯やパンもおかわりできます。


f:id:maemaechan:20210909215419j:image

洋食はこんな感じです。

左上の器はサラダです^^;

お腹すきすぎて他が待てませんでした😂

洋食はスクランブルエッグ・ベーコン・ウインナー・ポテサラです。

薄味テイストで食べやすいです。


f:id:maemaechan:20210909215446j:image

朝食はレセプションのフロアで食べますが、ここも大きな窓で開放感ある空間です。

始まりの朝も気持ちよく始められますね✨


f:id:maemaechan:20210909215614j:image

瀬戸内は日照時間も他より長めなのでこういった景色が比較的よく見えると思います。


f:id:maemaechan:20210909215550j:image

⑤ここの宿泊や滞在をかんたんにまとめると価格の割にハード面などがしっかりした印象でした。

ただし宿泊料金自体はコロナ真っ只中に予約を入れたのもあるかもしれませんが、普段のビジホより良いビジホに泊まりたい方にはおすすめだと思います。

 

直近では緊急事態宣言も解除され観光が徐々に再開されつつありますので、岡山周辺に行く際はぜひ検討してみてください!

 

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

東福寺(京都府京都市)訪問記

みなさんこんにちは

今回は京都府京都市東山区にあるお寺、東福寺をご紹介していきます。

東福寺を簡単に紹介しますと、東福寺は13世紀に法師によって建立された寺院で当時中国より多くの文化や製法を持ち帰った方が関係している由緒正しき寺院です。

 

↓ホームページも載せておきます。

 

www.tofukuji.jp

 

まずは恒例のアクセス方法からご紹介していきます。

・公共交通機関

JR奈良線京阪線東福寺駅より徒歩15分。

 

・自家用車

第二京阪道路、鴨川西ICより九条通経由で約10分前後。

周囲に駐車場は少なく、付近に停める予定の方は早朝等時間をずらして停めるのがベターです。

また京都駅や伏見稲荷なども近いため、周囲に車を停めて、電車orバスでアクセスする手もあります。

 

www.google.co.jp

 

入場料は以下の通りです。

f:id:maemaechan:20211002205516p:plain

入場料(東福寺HPより)

営業時間は8:30~17:30です。


それでは早速本題へ入っていきましょう💨

ここは東福寺入り口。

この次の写真よりJR東福寺駅からのルートを簡単ですが紹介します。


f:id:maemaechan:20210905204310j:image

駅を出たら右に曲がり、跨線橋をくぐってしばらく歩くと東福寺入り口の看板が見えます。

この辺りの道路は意外と車が行き交いますので、轢かれないように注意しましょう💦


f:id:maemaechan:20210905204328j:image

この先向かって左手に東福寺の入り口があります。

入って正面までは入場料なしで入れます。


f:id:maemaechan:20211004221143j:image

 

庭園が有料区間です。

 

有料区間へ入ると石畳の通路に周囲を苔に囲まれた林の間を歩きます。

今回は夏に訪問しましたが、緑でも十分絵になるレベルです。

秋に紅葉で多くの観光客が来ることも納得できます。


f:id:maemaechan:20210905204346j:image

庭園はどこもしっかり整備されています。

この辺りは庭園↔建物を繰り返しながら進みますが、思いの外高低差があり階段が多くあります。


f:id:maemaechan:20210905204449j:image

一番高いところまで登るとこんな感じです。

紅葉も見てみたいです(*^^*)


f:id:maemaechan:20210905204400j:image

東福寺は他の寺院よりは撮影可能な場所が多いです。

庭を愛でるのが好きな方にはぴったりかもしれません。

 


f:id:maemaechan:20210905204429j:image

お堂付近には苔が少なく、松や花々が多く咲いています。


f:id:maemaechan:20210905204510j:image

池もあります。

縮小版の日本庭園でカメラ撮影に困らないと思います。


f:id:maemaechan:20210905204534j:image

先述の通り境内はこのように階段が多くあります。

足腰が弱い方や小さな子どもを連れて行く人は注意したほうがいいかもしれません。


f:id:maemaechan:20210905204603j:image

木は結構な高さまで伸びています。

落葉の様子など場面を使い分けて撮ったほうがベターです。


f:id:maemaechan:20210905204625j:image

ここは少し高台に位置するお堂です。

お庭の小石もきれいに描かれています。


f:id:maemaechan:20210905204644j:image

館内はこんな感じです。

京都や奈良市内の歴史が長い寺院の作りに類似しています。


f:id:maemaechan:20210905204725j:image

中には立派な習字?の絵も、、

鎮座しております。


f:id:maemaechan:20210905204759j:image

 

みなさんいかがだったでしょうか。

東福寺は紅葉の名所でもあるので、ご自身のニーズ(見たい景色)に合わせた季節に訪れてみるのがいいと思います。

また夜間拝観も他の寺院より広く行っていますので、ぜひ行ってみてください!!

 

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

平等院鳳凰堂(京都府宇治市)訪問記

みなさんこんにちは

今回は京都府宇治市平等院鳳凰堂をご紹介していきます。

10円玉の裏側に描かれているように言うまでもなく有名なお寺ですね。

 

平等院を簡単に紹介しますと、平安時代に非常に力を持っていた豪族、藤原氏によって建立された寺院です。

この時代も疾病や天変地異が頻繁に発生し、鎮めるための意図もありました。

こういった寺院は各地に見られますが、科学技術が未発達だった世の中では尚更大変な思いをしたと思います。

 

平等院のホームページです。

www.byodoin.or.jp

 

まずはアクセス方法から紹介します。

 

www.google.co.jp

 

・公共交通機関

JR奈良線京阪線宇治駅から徒歩約10分前後。

京阪線・JR線の宇治駅はそれぞれ宇治川の対岸に位置しています。

 

・自家用車

京滋バイパス、宇治東ICより県道7号線経由、約10分。

周辺に駐車場は多く点在していますが、駐車料金は1回700円前後です。

筆者は電車で行きましたが、駐車場探ししている車を多く見かけたので少し離れた場所に停めて電車やバスを使う手も有効だと思います。

 

拝観料は下記の通りです。

f:id:maemaechan:20211002153056p:plain

入館料(平等院HPより)

↓次は営業時間です

f:id:maemaechan:20211002155129p:plain

営業時間(平等院HPより)


早速本題へ入っていきましょう💨

JR・京阪線共に平等院の看板に沿って進めば問題ありません。


f:id:maemaechan:20210905205227j:image

鳥居をくぐらずに看板に沿って進むと寺院らしい景観になっていきます。

入館料はこの先で支払います。


f:id:maemaechan:20210905205244j:image

筆者のカメラワークではこれ限界(^_^;)

太古の昔にここまで建立したと考えると先人たちは本当にすごいと思います。


f:id:maemaechan:20210905205004j:image

別アングルからも。

鳳凰堂内部拝観も実施していますが、各時間人数が決まっているため満員の場合は次の時間を待つor諦めるしかありません。

筆者は残念ながら間に合わず、諦めるしかありませんでした(T_T)


f:id:maemaechan:20210905205024j:image

拝観自体が動線に沿って作られているので、逆走する人も少ないので撮影はしやすいと思います。


f:id:maemaechan:20210905205042j:image

この先は宝物殿。

ここには平等院平安時代の貴重な文化財が多く展示されています。

筆者は毎回宝物殿の方が楽しみですが、読者の皆様はどうでしょうか?

コメント欄に書いてみてください!

 

※宝物殿内は全て撮影禁止です。記憶に留めておくだけにしましょう。


f:id:maemaechan:20210905205058j:image

宝物殿を見終わったら後は戻るだけです。

夏に訪れたのもあり、緑で溢れています。


f:id:maemaechan:20210905205123j:image

紅葉シーズンはもっときれいな写真が撮れそうですね💡


f:id:maemaechan:20210905205150j:image

出口は入り口と少し違った場所に。

ここで平等院は終わりです。


f:id:maemaechan:20210905205311j:image

みなさんいかがだったでしょうか。

平等院は国内屈指の有名寺院なので、行ったことある!って人も多いと思います。

 

直近(’21年10月)にはコロナウイルスの緊急事態宣言も解除されることから感染対策を取りつつ、行ってみるのもいかがでしょうか。

また周辺のお店も活気あふれていましたので、あまり退屈しないと思います。

但し、注意点を一つ挙げるとすれば、平等院の入退場が時間ギリギリだと周辺のお店が閉まっているケースが多いので、そこだけ注意してください!!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

錦帯橋(山口県岩国市)訪問記

みなさんこんにちは

今回は山口県岩国市の錦帯橋をご紹介していきます。

まずは簡単な錦帯橋の紹介をしていきます。

 

錦帯橋は1600年代初頭に町の武士が城へ入るアクセス用の橋として錦川に掛けられた橋になります。

見た目の通りアーチ状の橋梁で、下部から眺めると網目のような作りになっています。

 

kintaikyo.iwakuni-city.net

 

次に毎度恒例のアクセス方法からご紹介していきます。

・公共交通機関

JR山陽線岩国駅より路線バス(いわくにバス)で約20分。

運賃は300円でSuicaなどが使用できます。

JR山陽新幹線新岩国駅から路線バス(いわくにバス)で約15分です。

運賃は350円。同じルートなのでSuicaなどが使用できます。

 

バスの本数は岩国駅の方が多いです。

また広島や新山口から普通列車でもアクセスできます。

 

・自家用車

山陽道の岩国IC降車。

国道2号線錦帯橋入り口交差点から突き当りまで進み、看板に沿って進めば隣接する錦帯橋駐車場に着きます。

駐車場は観光シーズンのみ有料(1日300円)

 

※トイレは岩国城の公園、JR岩国駅行きバス停側に公衆トイレがあります。

 

www.google.co.jp

 

それでは本題へ入って行きましょう💨

今回は市街地→岩国城方面へ進みます。

入場料は橋の入口で支払います。

なお入場料=往復の橋渡し代の解釈で問題ありません。


f:id:maemaechan:20210916213330j:image

夜間は無人なので無人販売所の様に運賃箱に入場料を入れて入場します。


f:id:maemaechan:20210916213354j:image

もう少し外観も撮影📷️


f:id:maemaechan:20210916213418j:image

橋は綺麗なアーチ状になっています。

急勾配の箇所は小さなステップが付いているので、高齢者や小さな子どもでも登りやすいよう考慮されています。


f:id:maemaechan:20210916213446j:image 

この先に岩国城錦帯橋ロープウェーがあります。

今回は時間の都合上行けなかったので割愛します💦

帰りは入場券をサッと見せればそのまま通してくれます。

 


f:id:maemaechan:20210916213536j:image

 

橋の下を眺める際は駐車場を横切りますので、車の通行に注意してください。

 

市街地側の堤防には錦帯橋の概要紹介もしっかりあります。

予習できなくても簡単な内容程度は理解できると思います。


f:id:maemaechan:20210916213611j:image

錦帯橋の下を流れるのは錦川。

山あいの清流までとはいきませんが、市街地の川では綺麗な方だと思います。


f:id:maemaechan:20210916213639j:image

 

みなさんいかがだったでしょうか。

国内で数多ある橋の中でも歴史的にも有名な錦帯橋ですが、車やバスなどでのアクセス性は良好なので、山口県の観光はもちろんですが広島からも近いので一緒に行ってみるのも良いと思います◎

写真も撮りやすい場所が多くあるので、お気に入りのフォトスポットを探してみてください💡

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

スーパーホテル広島(広島市)宿泊記

みなさんこんにちは

今回は普段のような外資系ホテルではなく、ビジネスホテルの宿泊記を書いていきます!

今回泊まった場所は、、、広島市スーパーホテルです。

 

スーパーホテルといえば、、自宅近くにもありますがこれまで泊まったことが無い・お酒が飲み放題の時間帯が設定されているっとのことで、宿泊しました(^_^;)

 

www.superhotel.co.jp

 

まずはアクセス方法からご紹介していきます。

 

www.google.com

 

・公共交通機関

JR広島駅南口より徒歩15分。

または南口からえきマチループ右回りルート利用、約5分で行けます。

運賃は一律で210円です。

 

・自家用車

国道2号線から広島駅南口方面へ。駅前通りで駅方面へ進み向かって左手にあります。

提携駐車場もあり、1泊1,100円です。

あまり安くはないです(^_^;)

 

それでは正面エントランスから進んでいきましょう💨

入り口にはホテルのレンタサイクル・深夜用のオートロックが備え付けられています。


f:id:maemaechan:20210909213449j:image

深夜は客室のパスワードを打たないと入館できない仕組みになっています。

一定のセキュリティは担保されています。


f:id:maemaechan:20210909213517j:image

レンタサイクルは台数は限られていますが、宿泊者に限って利用できます。


f:id:maemaechan:20210909214455j:image

レセプションは2F、客室は3階以降になります。

エレベーターはセキュリティー担保のため、必ず2Fに停止するようになっており、部外者対策も抜かりありません。

 

チェックイン時は旅行サイトなどでクレジットカード登録が成されていれば、財布を出すことなく手続きをできます。

初めての宿泊であれば、スタッフがしっかり説明してくれますので、初めてでも安心です。


f:id:maemaechan:20210909213605j:image

今回は6Fの部屋へアサインされました。

スーパーホテルはカードキーや、鍵ではなく各指定の暗証番号を入力して入室するシステムです。

チェックイン時に貰うレシートに部屋番号・暗証番号が載っていますので、宿泊中は無くさないように😅

 

お部屋は6Fに一室。

部屋は約18平米で、一般的なビジホの広さ(若干狭めかな?)

設備はシングルベッド・3点バスルーム(ウォシュレット付き)・テレビ・冷蔵庫・電話・無料ネット回線・机・椅子・加湿空気清浄機があります。

Wi-Fiのスピードも良好でFHD動画も止まることなく見れました。

 

基本アメニティはシャンプー・コンディショナー・ボディソープ・歯磨き・ひげそり・パジャマがあります。


f:id:maemaechan:20210909213620j:image

チェックイン後の入室はエアコン・冷蔵庫ともに電源は切られているので、利用前に電源を入れる必要があります。

エアコンの温度は自由に設定できます。自宅でも冷房22℃で動かす筆者にはありがたいです😂


f:id:maemaechan:20210909213644j:image

冷蔵庫内は空なので、自由に冷蔵品や飲み物を入れられます。

高級ホテルだとミニバーがあり、制約が出ますがここでは無縁です💡


f:id:maemaechan:20210909213726j:image

 

空気清浄機は加湿機能付きです。

花粉シーズンや乾燥シーズンは重宝します。


f:id:maemaechan:20210909213828j:image

次は水周りの紹介。

ごく一般的な3点バス。

ここの蛇口の水道は普通に飲めます。

スーパーホテルのお水はイオン水を導入しているそうです。


f:id:maemaechan:20210909213854j:image

スーパーホテルでは食材やアメニティ類を中心にオーガニックの採用が多く見受けられました。


f:id:maemaechan:20210909213932j:image

次は一部のスーパーホテルに導入されているカクテルタイムです。

時間は18:00~21:00です。

お酒は梅酒・ウイスキー・ジン・ウォッカなどのリキュール類がメインです。

ビールはありませんのでご注意ください💡

下の写真はカクテルで割る用のフレーバー・シロップです。


f:id:maemaechan:20210909214013j:image

ここがお酒コーナー。

好きなカクテルを作ったり、水や炭酸で割ったりすることもできます。

写真左手にソフトドリンクマシンがあり、ジュース・コーヒー・水・炭酸水があります。

ここでは外から食べ物の持ち込みもできますので、夕食&飲みっなんてこともできます!


f:id:maemaechan:20210909214045j:image

最後に朝食です。

朝食会場はロビーのフロアで食べられます。

時間は6:30~10:00前後だったと思います。

バイキング形式で好きなものを選べます。

なお、持ち出し用の容器もありますのでお部屋で食べることも可能です。

サラダは1種・他はパンやご飯、炒めものや広島名物のがんすもあります。

地域の名物も一緒に味わえるのは◎ですね✨


f:id:maemaechan:20210909214302j:image

 

みなさんいかがだったでしょうか。

今回はビジネスホテルの紹介でしたが、1泊4,500~6,500円で宿泊できカクテルタイムや朝食もしっかり揃っているのでコスパを重視している方や出張で滞在する分には問題ないと思います。

また広島駅からのアクセスも良好なので、車だけでなく飛行機や新幹線などで行く方も不自由なく行けると思います。

またスタッフの対応もしっかりしているので、おすすめできます!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村