まえちゃんの旅行記

ホテル宿泊記や海外・国内旅行、ドライブ・お得な旅行情報を発信するブログ

足利フラワーパーク(栃木県足利市)訪問記

みなさんこんにちは

今回は栃木県足利市にあるあしかがフラワーパークのイルミネーションをご紹介します。

簡単に紹介すると、通称あしフラは春や秋などは多くの花々を鑑賞でき、冬には毎年大規模なイルミネーションが行われることでも知られています。

↓ホームページです!

www.ashikaga.co.jp

 

それでは早速本題へ行きましょう💨

まずはアクセス方法からご紹介します。

・公共交通機関

JR両毛線あしかがフラワーパーク駅より徒歩1分。

東京方面からは宇都宮線or東北新幹線小山駅乗り換えが楽です。

 

・自家用車

東北自動車道、佐野藤岡IC下車、国道50号利用で約20分。

渡良瀬川手前で右折していくと看板がありますので、沿って進めば駐車場へ入れます。

駐車料金は無料です。

 

↓地図になります!

www.google.co.jp

 

下記料金・営業時間です。(料金はダイナミックプライシングの為時期によって料金が変わります)

なお支払いは現金他クレジットカードが使えます。

f:id:maemaechan:20220116155312p:plain

料金表(ホームページより)

入場すると早速大規模なイルミネーションが出迎えます。

言うまでもなく観光客もギッシリです^^;

f:id:maemaechan:20211226225406j:image

名物の藤の花は紫色にライトアップ。

流線形になったり点滅したり、、美しい演出です✨


f:id:maemaechan:20211226225417j:image

春~冬までのコンセプトがあり、春は彩り、夏は涼しくクールな色、秋は紅葉、冬は白や青色を貴重とした色で構成されていました。

汽車や星々のデザインもあり、大人から子どもまで幅広く親しめるデザインになっています。


f:id:maemaechan:20211226225429j:image

藤の花エリア周辺はどこへ移動しても見れるような形状になっています。

休憩用のベンチや写真撮影スポット、自動販売機、食堂なども場内にありますので、時間を忘れてゆっくり休むこともできます。


f:id:maemaechan:20211226225437j:image

池も多いですが、これらの環境を活用したイルミネーションになっていますのでどこを取っても絵になる景色です✨


f:id:maemaechan:20211226225450j:image

物語のようにLEDが移り変わるイルミネーションもありますので、立ち止まってじっくり見てください👀

きっと幅広い世代で楽しめる作品です。


f:id:maemaechan:20211226225502j:image

一番奥にはお城もあります。

訪問日によって観光客にばらつきはあると思いますが、撮影スポットではどこも行列ができていました^^;


f:id:maemaechan:20211226225558j:image

今回はクリスマスシーズンに行ったのもあり、ツリーも立派に光っていました!


f:id:maemaechan:20211226225516j:image

北側でも物語のような演出があります。

じっくり見てみてください👀


f:id:maemaechan:20211226225527j:image

天気や自然の移り変わりも巨大なイルミネーションで表現しています。

色々な場所でストーリーを見れます。


f:id:maemaechan:20211226225547j:image

下から見てもきれいですが、上から見るとまた景色が変わります!!


f:id:maemaechan:20211226225611j:image

所々このような撮影ポイントもあります。


f:id:maemaechan:20211226225621j:image

みなさんいかがだったでしょうか。

あしかがフラワーパークは都心からも近くで巨大なイルミネーションを見れる他、北関東の観光地の類では比較的マイカー無しでも行ける場所です✨

また近くには足利学校佐野プレミアム・アウトレットもありますのでこれらも併せて行ってみてください!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

東本願寺(京都府京都市)訪問記

みなさんこんにちは

本業が多忙だったので前回の投稿から大幅に遅れました💦

今回は京都市の寺院、東本願寺の訪問記をご紹介します。

簡単に紹介すると、東本願寺は1321年に大谷本願寺として建立され、1602年に現在の姿になりました。

数多くの国宝や文化財があります。

 

↓ホームページです。

www.higashihonganji.or.jp

まずはアクセス方法からご紹介します。

・公共交通機関

JR・近鉄・地下鉄京都駅北側より徒歩約15分。地下道経由で七条まで行けます。

または地下鉄五条駅より徒歩5分少々。

京都の地下鉄は運賃が高めなので歩いても十分行けます。

 

・自家用車

第二京阪道路の鴨川西ICより約15分。

近辺に多くの有料駐車場が点在します。

1日上限2000円前後で止められます。

 

拝観時間は6:20~16:30です。時間は一般的です。

 

www.google.com

 

早速本題へ行きましょう。

有名な寺院なのもあり、参拝客が多くいらっしゃいました。


f:id:maemaechan:20211212195854j:image

本堂はとても立派な建物です。

中には靴を脱いで入ることができます。


f:id:maemaechan:20211212195921j:image

時間帯によってはお経を唱えているときがあるので、その際は戸が閉められています。

言うまでもなく内部は撮影禁止です。

記憶に留めておくだけにしましょう。


f:id:maemaechan:20211212195951j:image

京都駅近くにも関わらずこの広大な敷地です。。。

昔はもっとすごかっただろうなっと。。。


f:id:maemaechan:20211212200011j:image

館内でゆっくり文化財が見れるほか、場所によっては改修中の箇所があるのでどうしても見たい!って方は事前確認したほうが良いかと思います。


f:id:maemaechan:20211212200031j:image

みなさんいかがだったでしょうか。

東本願寺は京都駅からもすぐなので、少し時間が作れた方や京都観光がメインの方はぜひ行ってみてください!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

二条城(京都府京都市)訪問記

みなさんこんにちは

今回は京都市にある有名観光地、二条城へ行きましたので少し駆け足になりますが紹介していきます💨

簡単に紹介すると、ここは江戸時代に徳川家康の命によって建設され、大正時代前後まで皇族が利用していた城です。

ここは他の京都市内の有名な寺院と同じように世界文化遺産に登録されています。

それでは早速本題へ行きましょう。。

 

nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp

次はアクセス方法をご紹介します。

・公共交通機関

地下鉄東西線二条城前駅より徒歩約3分。

正門前にバス停もあります。系統が多いので、京都市営バスホームページにてご確認ください。

・自家用車

名神高速、京都南ICの通りから1ブロック東に行った道(堀川通)沿いにあります。

ご存知の通り有名なので、看板でも主張しておりわかりやすいと思います。

駐車場は北よりに二条城駐車場がある他、各有料駐車場が多く点在します。

駐車料金は各駐車場によって異なりますが、30分で200円くらいです。

上限料金はある場所・ない場所が混在しますのでご注意ください。

 

www.google.co.jp

 

 

入場料金・拝観時間は下記通りです。

 

f:id:maemaechan:20220109210158p:plain

各拝観時間(公式HPより)

f:id:maemaechan:20220109210327p:plain

入場料金(公式HPより)

外観は開場時間で見れますが、城内の国宝の展示物を見るには二の丸御殿へ入る必要があります。

時間ギリギリになる方はご注意ください。(閉館間際には営業時間のアナウンスと注意事項がされるのでわかりやすいと思います)

入館料はクレジットカードでも決済が可能です。

入館は東大手門から入ります。

 

f:id:maemaechan:20211204165603j:image

下は東大手門裏手から。

どちらからでも江戸時代の栄華を感じることができます。


f:id:maemaechan:20211204165546j:image

なお、二の丸御殿は館内全域が撮影禁止です。

写真などはホームページから確認いただければと思います。。

nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp

ざっと外観はこのような感じで東大手門に準じたデザインになっています。


f:id:maemaechan:20211204165636j:image

二の丸御殿を出たあとは順路に沿って進みます。

御殿と日本庭園を眺めながら進みます。


f:id:maemaechan:20220109211856j:image

日本庭園の撮影は自由ですが、歩けるスペースは限られていますのではみ出さずに歩いていきましょう。


f:id:maemaechan:20220109211911j:image

どこもきれいに管理されています。


f:id:maemaechan:20220109212001j:image

みなさんいかがだったでしょうか。

二条城はかつての栄華を知ることもでき、特に撮影禁止エリア内は大変充実していますので京都へ観光する予定がある方はぜひ行ってみてください!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

リッツカールトン大阪のブティック訪問記です!

みなさんこんにちは

またまたリッツカールトン大阪関連の訪問記です!

次はみんな大好き?ホテルのブティックにも行きましたので、簡単に紹介していきます。

↓ホテルのホームページです。

www.ritzcarlton.com

 

アクセス方法などはリッツカールトン大阪の訪問記冒頭にあります!

宜しければ併せてご覧ください!

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

なお、ホテルグッズを始めとしたかわいいクマさんの人形も販売しています。


f:id:maemaechan:20211212210252j:image

ケーキやチョコレート、紅茶等手土産にピッタリな商品が多く並びます。

また、ホテルのオリジナルワイン等も揃っています。


f:id:maemaechan:20211212210315j:image

季節に応じた装飾もかわいいです✨


f:id:maemaechan:20211212210351j:image

ドレッシングなども取り揃えがあり、筆者が知ってるホテルブティックの中では規模がかなり大きいです。

買い物するにも商品選びに迷ってしまいます(笑)


f:id:maemaechan:20211212210409j:image

手土産に持っていけるお菓子も揃っています。


f:id:maemaechan:20211212210452j:image

宿泊者の場合は部屋付にもできるほか、マリオットボンボイのポイントも加算できます。

(米10ドル以上、割引等はご確認ください)

f:id:maemaechan:20211212210542j:image

みなさんいかがだったでしょうか。

ホテルに宿泊予定がある方はもちろんですが、ホテルのブティックはここで買うだけでも大丈夫なんので、興味がある方、ぜひ行ってみてください!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

Xian Tao シャンタオ(大阪府大阪市)訪問記

みなさんこんにちは

今回はリッツ・カールトン大阪内の高級広東料理レストラン、Xian Tao(香桃)をご紹介していきます。

↓ホームページです!

xiangtao.ritzcarltonosaka.com

 

宿泊記・アクセスはこちらを御覧ください!

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

それでは早速本題へ入っていきます💨

レストランは低層階にあり、バーラウンジ方面へ行きます。

向かって突き当りにあります。逐一看板がありますので、迷うことは少ないと思います。

この写真はレストラン周辺の通路です。

リッツ・カールトンらしく、上品なインテリアです。


f:id:maemaechan:20211212210701j:image

途中素晴らしい光景が、、(*^^*)

筆者、ウイスキーには目が無いのでつい、、、


f:id:maemaechan:20211212210718j:image

脱線しましたが、軌道修正して行きます。。

今回は部屋付で予約したのでそのまま座席へアサインされました。

予約コースは税・サービス料込で¥18,000のコースです。


f:id:maemaechan:20211212210743j:image

テーブルにはキャンドルがあり、雰囲気を出してくれます✨


f:id:maemaechan:20211212211032j:image

まずはお酒ではなく、、台湾産の烏龍茶で。

お茶の名は木柵鉄観音” もくさくてつかんのん”。これは台湾産の希少な茶葉を1日以上時間を掛けて水出ししたお茶だそうです。

色はシャンパンさながら。

芳醇な香りにさっぱりとした味わいで食前のお茶にぴったりです。


f:id:maemaechan:20211212210759j:image

まず始めは豚トロや落花生等の揚げ物、炒めものから。

筆者は脂っこい食べ物が少し苦手ですが、食べやすいです!


f:id:maemaechan:20211212210826j:image

絵になる光景です。

言うまでもありませんが、美味しくいただきました。


f:id:maemaechan:20211212210839j:image

インテリアは間接照明を多用しており、リッツ・カールトンの看板を背負っているだけの分はあります✨


f:id:maemaechan:20211212210855j:image

次は車海老の蒸し物。

皮を剥いて食べます。

タレを浸けて食べます。拭き取りの水もありますので、手が汚れるのを我慢して食べてみましょう。

きっと満足のいく味を実感できると思います。


f:id:maemaechan:20211212210909j:image

次はカリフラワーの和え物。

湯引きもありました。


f:id:maemaechan:20211212210932j:image

次は鮑と冬瓜のスープ。

それぞれの出汁が効いており美味しく頂けます。


f:id:maemaechan:20211212210952j:image

次は海鮮料理へ。

お野菜と魚がマッチしています。


f:id:maemaechan:20211212211009j:image

ちょっとアップで。


f:id:maemaechan:20211212211120j:image

先程のウーロン茶の次は温かい中国茶で。

緑茶で西湖龍井(さいころじん)を頂きました。

さっぱりとした喉越しで脂っこい中華料理でも気分を変えさせてくれるお茶です。


f:id:maemaechan:20211212211404j:image

次は牛フィレのステーキで。

焼き具合は特に指定した記憶は全くありませんが、レアで焼いて頂きました✨


f:id:maemaechan:20211212211419j:image

次は卵白だけを絡ませたチャーハン。

一粒一粒がパラパラですが、思った以上に脂っぽさを感じることなく頂きました。

先程の西湖龍井(さいころじん)がよく合います✨


f:id:maemaechan:20211212211431j:image

最後はデザートで。

中国のごま団子”芝麻球”とココナッツミルクです。

一緒に食べつつあまーいココナッツミルクがマッチしています。


f:id:maemaechan:20211212211444j:image

意外と量がギッシリ入っています^^;

言うまでもなく美味しいです✨


f:id:maemaechan:20211212211457j:image

みなさんいかがだったでしょうか。

リッツ・カールトン大阪内唯一の中華料理ですが、混雑時でも目が行き届いていますので、梅田周辺やリッツ・カールトンに宿泊予定があれば、ぜひ行ってみてください!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

2021年を振り返ります!

読者の皆様、あけましておめでとうございます。

今後とも宜しくお願いします。

今回は2021年を振り返って行きます💨

今年はスキー場から始まりました!!

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

次に千葉方面のドライブに、、久々クーペで車中泊をしました。。

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

GWには南東北を中心に回りました。

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

その後は伊勢・和歌山・奈良中部へ。

悪天候の中、伊勢神宮や熊野三社、熊野古道関連の遺産めぐりになりました。

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

その後は滋賀方面へ。

MIHOミュージアム比叡山などを中心に回りました。

唯一心残りがあるとしたら、金沢の兼六園を回れなかった位です。

ここは後日行く予定です💨

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

初夏には上高地へ。

明治時代から屈指の観光地になっているルートを中心に回りました!

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

 

夏は錦帯橋出雲大社等中国・山陰地方へ。

途中台風が来ましたが、関西エリアまで幅広く観光しました。

また高級ホテル~ビジネスホテルまで幅広く泊まったので、ぜひ御覧ください!

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

秋は関西や北関東、南東北、北信等で紅葉めぐりをしました。

勿論ですが高級ホテルも欠かさずに泊まりましたのでぜひ御覧ください!

リッツ・カールトン大阪は記事のアップロードが遅れているため他の記事を早めに上げる予定です。

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

冬は新潟県内のスキー場などへ行きました!

ここも同様に記事のアップロードが追いついていないため、これから急いで書き上げます(・_・;)

 

2022年も当ブログをよろしくお願いします!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

リッツカールトン大阪(大阪府大阪市)宿泊記

みなさんこんにちは

今回はリッツ・カールトン大阪の宿泊記をご紹介していきます。

リッツ・カールトン大阪は大手外資系ホテル”マリオット”の中でフラグシップのランクに位置するホテルです。

また大阪市内で指折りの高級ホテルで、阪神阪急ホテルが経営しています。

 

↓ホテルのホームページです!

www.ritzcarlton.com

 

大阪の宿泊記は他にもありますので併せて御覧ください!

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

maemae-travelblog.hatenablog.com

maemae-travelblog.hatenablog.com

 

 

今回は

①外観

②共用部

③客室

④朝食

⑤まとめ

の順にご紹介していきます。

 

それでは定番のアクセス方法からご紹介していきます。

・公共交通機関

JR大阪駅、JR北新地駅阪神・阪急・地下鉄梅田駅より徒歩約15分弱です。

地上、地下道からアクセスができます!(ハービスプラザ方面へ進んでください)

悪天候でも傘いらずです。

 

・自家用車

阪神高速11号池田線、出入橋IC、梅田ICより約5分。

駐車場も完備されており、料金は2,100円/泊です。

宿泊プランによっては駐車料金込もありますので、併せて検討してみてください。

 

www.google.co.jp

①ますは外観から。

ここから高級ホテルの貫禄があります。

ドアマンは車寄せ側にいます。


f:id:maemaechan:20211212200634j:image

大都市の中心にも関わらず広大な車寄せです。

次回は車で行ってみたいものです(^_^;)


f:id:maemaechan:20211212200751j:image

地下道側からはこんな感じです。

スーツケース引きずりながら行くとまだか、、まだか、、と思いますがハービスプラザの半ばまで進むとリッツ・カールトンの看板が見えます。

、、がしかしあと少し進みます。


f:id:maemaechan:20211212200529j:image

地下道からの外観はこんな感じです。

地上側とは異なり、こじんまりした印象です。


f:id:maemaechan:20211212200548j:image

地下道でもリッツのロゴが立派に鎮座しています。


f:id:maemaechan:20211212200613j:image 

外観は白を基調としたビルで、一瞬タワマンを連想しそうになりました笑

ホテルの客室はここの上層階です。


f:id:maemaechan:20211212200703j:image

②次は共用部のインテリア。

家具や装飾品はとても重厚感があり、リッツ・カールトンの名に恥じないデザインです。

どこも天井が高めなので重厚ながらも圧迫感は感じないかと思います。


f:id:maemaechan:20211212200734j:image

少し大きめの広場にはこのような装飾品が飾られています。


f:id:maemaechan:20211212200816j:image

正面のロビー手前の広場には巨大なクリスマスツリー。

写真撮影が上手な方だときっとインスタ映えするかと思います(・_・;)


f:id:maemaechan:20211212200832j:image

高そうなお皿が飾られていたり、立派な家具が多くあります。


f:id:maemaechan:20211212200902j:image

客室通路の各所に絵画が多くあります。


f:id:maemaechan:20211212200937j:image

客室フロアのエレベーターホールにはレトロな電話があります。

こういう電話、一度掛けてみたいです笑


f:id:maemaechan:20211212202734j:image

一面白い壁にフカフカな絨毯が敷かれヨーロッパにいる感を連想させます。


f:id:maemaechan:20211212200956j:image

通路は結構突き当りが多くありますので、しっかり前を見て歩きましょう。。


f:id:maemaechan:20211212201016j:image

エレベーターは他のホテルと同様にカードキーをかざすと客室階へ自動で行きます。

ボタンを触らずに済む点はなかなか良いですね✨


f:id:maemaechan:20211212202213j:image

先述しましたが、各所に絵画が多く飾られています。


f:id:maemaechan:20211212201039j:image

アサインされる客室によってはドア越しに更に客室のドアがあるパターンがあります。

③でも触れますが筆者のお部屋がそのパターンでした笑


f:id:maemaechan:20211212201056j:image

③次は客室です。

今回は最上階36Fのスカイビューデラックスへアップグレードしてもらいました。

ホテルの皆様、ありがとうございます。

部屋の敷地は約52平米でリラックスできます。

f:id:maemaechan:20211212201500j:image

ベッドの上にも定番の絵画が飾られています。


f:id:maemaechan:20211212201248j:image

テーブルや椅子、照明など重厚感があるデザインで、BF型等の海外規格のコンセントも変換器無しでさせます。

またHDMI等の外部入力端子もテーブル側面にあり、テレビ直差しは不要です✨


f:id:maemaechan:20211212201137j:image

レトロ感があります。

 

f:id:maemaechan:20211212201428j:image

文具なども完備されています。

文書には”紳士、淑女の皆様へ”のフレーズを見るとリッツ・カールトンに泊まるのか~といった感じが湧いてきます(*^^*)


f:id:maemaechan:20211212201153j:image

画面はパナソニック製の50インチ前後の液晶テレビ

関西圏の地上波やBS、海外放送等外資系ホテルにある設備はしっかり整っています。

このホーム画面ではバックミュージックが流れていますが、これがまたムードを演出してくれます✨


f:id:maemaechan:20211212201211j:image

時計一つとってもリッツ・カールトンのインテリアとして構成されています。

なお電動カーテンのコンソールはこの下の引き出し部に備え付けられています。


f:id:maemaechan:20211212201231j:image

次はハード面へ。

コーヒーマシンはネスプレッソマシン。

おしゃれな電気ケトルもあります。


f:id:maemaechan:20211212201305j:image

下の引き出しにはお茶類、赤ワイン、スピッツ、お菓子があります。

この引き出しは出しすぎると外れるので注意しましょう💦


f:id:maemaechan:20211212201328j:image

冷蔵庫内のミニバーは定番の品が並びます。

価格は高級ホテル価格なのでご注意を、、

冷蔵庫内の飲み物はつめつめでは無いので、持ち込みの飲み物も入ります。


f:id:maemaechan:20211212201341j:image

クローゼット内にはパジャマ、バスローブ、アイロン、金庫があります。

また超フカフカスリッパもここにあります。


f:id:maemaechan:20211212201358j:image

次は水回りへ。

大理石の水道やバスルームになっています。


f:id:maemaechan:20211212202023j:image

このカラフルな容器、実はバスソルトです!!

ラベンダーなど各香りがありますので、お好みに併せて使ってみてください!


f:id:maemaechan:20211212201556j:image

アメニティ類です。

一通りのモノがしっかり揃っています。


f:id:maemaechan:20211212202538j:image

リッツ・カールトンのカードキー。

お上品です。←語彙力


f:id:maemaechan:20211212202613j:image

ドライヤーはパナソニック製のミドルレンジモデル。

ナノイーではありませんが、マイナスイオンが出るタイプです。

レ◯ナイザーではありませんので、お間違いなく。。


f:id:maemaechan:20211212202706j:image

石鹸はリッツ・カールトン定番のAsprey。

それぞれ1本ですが、ボトルが大きめなので2人でも十分な量があります。


f:id:maemaechan:20211212201726j:image

ボディローションは別ショットで。

(一緒に取り忘れた、、汗)


f:id:maemaechan:20211212201743j:image

ハンド&フェイスソープは2つあります。


f:id:maemaechan:20211212201759j:image

シャワーはヘッドを回すことで吐水モードを変えられるタイプで、TOTO製です。

外国メーカーにありがちな謎の操作は無いので誰でも使いこなせると思います。


f:id:maemaechan:20211212201907j:image

浴槽はとても大きいので背が高い方も足を伸ばせると思います。


f:id:maemaechan:20211212201952j:image

トイレは勝手に便蓋が上がり、勝手に流れるネオレストです。

トイレットペーパーの先にはリッツ・カールトンのロゴがついています。


f:id:maemaechan:20211212201925j:image

客室からは梅田方面や淀川方面が眺められます。

梅田貨物駅跡地の再開発が終われば面白い景色が見れるかもしれませんね(*^^*)


f:id:maemaechan:20211212202105j:image

筆者はトワイライトの景色が好きですが、真っ暗な時とどっちがお好みですか?


f:id:maemaechan:20211212202120j:image

夜景もしっかり撮りました👍


f:id:maemaechan:20211212202154j:image

④次は朝食です。

朝食はSPLENDIDO(スプレンディード)で食べます。

時間は6:30~10:30です。

基本的にビュッフェスタイルです。


f:id:maemaechan:20211212202505j:image

リッツだけあり、インテリアも上品なデザインです。


f:id:maemaechan:20211212202253j:image

和食、洋食各種揃っています。

殆ど品切れになる前に補充され、しっかり管理が行き届いている印象でした。

残念な点を挙げるとすれば、チーズの種類が少ない位です。


f:id:maemaechan:20211212202318j:image

果物も多くあります。


f:id:maemaechan:20211212202346j:image

パンの種類もたくさんあり、ジャムも3種類あります。


f:id:maemaechan:20211212202401j:image

盛り方は下手ですが、ざっとこんな感じで並べました。

グラスにはアーモンドのスムージーです。


f:id:maemaechan:20211212202417j:image

卵料理はカウンターでオーダーでき、作りたてを頂けます✨

今回はエッグベネディクトをオーダーしました!


f:id:maemaechan:20211212202430j:image

ナイフを刺すとじゅわ~っと黄身が出て、とても美味しいです✨


f:id:maemaechan:20211212202441j:image

周囲は忙しくしていましたが、その中でもしっかりサービスが行き届いていました。

ホテルスタッフの努力には頭が上がりません。


f:id:maemaechan:20211212202811j:image

みなさんいかがだったでしょうか。

諸外国でも高級ホテルの代名詞とも言えるリッツ・カールトンですが、大阪でも馴染みのサービスに日本らしいもてなしもしっかりあります。

タクシーを始めとした手配なども速やかに行うなど、細かいところまでサービスが行き届いていますので、機会があればぜひ泊まってみてください!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村