まえちゃんの旅行記

ホテル宿泊記や海外・国内旅行、ドライブ・お得な旅行情報を発信するブログ

大覚寺(京都市)訪問記

みなさんこんにちは

今回は京都市のお寺、大覚寺へ行ってきました!

簡単に紹介しますと、ここは西暦814年に建立された寺院です。

そして建立前(平安時代)には嵯峨天皇離宮として使用された寺院で、京都市内で最高峰の立ち位置に属する寺院です。

拝観時間は9:00~15:30になります。

 

↓ホームページです!!

www.daikakuji.or.jp

次はアクセス方法から。

・公共交通機関

JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩10分少々。

阪急線の嵐山利用の場合は結構歩くので路線バスを活用すると移動が楽です。

 

・自家用車

京都縦貫道、杏掛ICより約30~40分。

入り口前に参拝者用の駐車場があります。

駐車料金は¥500/2h前後の料金です。また周囲の道はあまり広くはないので通行に注意が必要です。

Googleマップです!

www.google.com

それでは早速本題へ💨

今回は阪急電車で来ましたので、まっすぐ正門より入場します。

普通の入り口にも見えますが、何だか風格など別の雰囲気を感じます。


f:id:maemaechan:20220915213952j:image

ここまでは無料で入れます。

本殿から先は別途入場料が必要になります。

大人:¥500・子供:¥300です。

※大沢池は別途料金が必要で大人+300、子供+100必要になります。


f:id:maemaechan:20220915214007j:image

早速風格を感じる屛風がお出迎えします。

中の畳までは入ることができませんが、一部を除き館内の撮影ができます。


f:id:maemaechan:20220915214059j:image

屋外はほぼ日本庭園が占め、季節によって表情を変えてくれます。


f:id:maemaechan:20220915214120j:image

先ほどの屏風とはまた雰囲気が変わったデザインもあります。

当時の職人の技術力の高さやインスピレーションには頭が上がりません。

筆者もこれくらいの発想力が欲しいものです(;'∀')


f:id:maemaechan:20220915214132j:image

それぞれの建物が渡り廊下でつながっており、庭もそれぞれ趣向が変わっているので飽きることはないかもしれません。


f:id:maemaechan:20220915214216j:image

枯山水もしっかりあります。

どこの寺院にも言えることですが、しかりきれいに管理されており見てるだけで気分が良くなります💡


f:id:maemaechan:20220915214238j:image

離れからは他の建造物も日本庭園とセットで撮れます。

参拝客の多くが立派な一眼レフを持って撮影してました。


f:id:maemaechan:20220915214254j:image

通常の拝観券では大沢池を見れるのはここまでです。

もっと見たい!って方は窓口で料金を支払うと先へ進めます。


f:id:maemaechan:20220915214311j:image

みなさんいかがだったでしょうか。

ここは嵯峨天皇の遺構らしきものはあまり残っていない印象(見てないだけかも)ですが、他の寺院とはまた違った雰囲気を体感できます。

11月半ばには紅葉も周辺で有名になるので、併せて行ってみてください!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

二条城で夜間拝観(京都市)訪問記

みなさんこんにちは

今回は二条城の夜間ライトアップへ行ってきました!

二条城は足利氏より徳川家まで宿所として用いられ、現存しているのは徳川家の建物が残されています。

大政奉還後は皇室として使用され、その後京都市へ恩賜され現在に至ります。

また世界遺産にも登録されており、京都を代表する観光地になっています。

↓ホームページです!

nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp

次はアクセス方法です。

・公共交通機関

市営地下鉄東西線二条城前駅より徒歩5分。

JR嵯峨野線の二条からも歩ける範囲ですが、20分は歩きます。

また路線バスも数多く立ち寄りますのでHPより確認してみてください。

 

・自家用車

名神高速、京都南ICより国道1号堀川通経由で約30分。

周囲に駐車場はありますが、あまり大きい駐車場が無いのでどこかの駐車場に停めて行くのがベターです。

周囲の駐車場は¥200~500/30~40minくらいですが車両が2~5台前後しか停められない場所が多いです。

Google Mapです!

www.google.com

それでは早速本題へ行きましょう💨

料金等の支払いは通常のブースで行います。支払い方法は現金他、各種クレジットカードに対応しています。

今回は最終入場ギリギリで入りました。


f:id:maemaechan:20221016111125j:image

日中と同様に東大手門より入場し、道なりに進みます。

通れる場所には照明や、立ち入り禁止らしき場所には警備員が立っているので迷うことはないと思います。

二の丸御殿は入ることは出来ず、外観のライトアップを楽しむ形式です。


f:id:maemaechan:20221016111153j:image

外観を見た後は御殿周りの日本庭園を見て回ります。


f:id:maemaechan:20221016111213j:image

松の木を始めとした植物にライトアップがあります。

秋の紅葉のライトアップとはまた違った趣があります。


f:id:maemaechan:20221016111255j:image

お昼は変哲もない池も幻想的な雰囲気へ様変わりです。


f:id:maemaechan:20221016111313j:image

所々写真映えできるような場所も準備されており、気軽に美しい写真を撮影できます。


f:id:maemaechan:20221016111333j:image

石垣にはプロジェクションマッピングが投影されていました。

四季を表すデザインから場所によっては子どもが楽しめるようなデザインまで幅広く行われていました。

子ども向けは屋台等があるブースにあり、縁日の様な演出でした。


f:id:maemaechan:20221016111455j:image

ライトアップは出口までしっかり行われていました。


f:id:maemaechan:20221016111510j:image

最後に二条城南側の押小路通側から撮影。

周囲からも分かるレベルのライトアップです。


f:id:maemaechan:20221016111524j:image

みなさんいかがだったでしょうか。

二条城は夏や秋等結構な頻度でライトアップイベントを行っています。

またチームラボとのコラボ等様々な工夫を凝らしたイベントもやってますので、是非調べて行ってみてください!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

桂浜(高知県高知市)訪問記

みなさんこんにちは

今回は高知県高知市の桂浜に行ってきました!

簡単に紹介すると、太平洋側に面している代表的な浜辺の一つです。

浜辺には坂本龍馬像があり、名所にもなっています。

↓桂浜の概要ページです。

www.city.kochi.kochi.jp

 

まずはアクセス方法から。

・公共交通機関

JR高知駅よりとさでん交通、桂浜線で約35~40分。

片道690円です。

 

・自家用車

高知東部自動車道、高知南ICより約15分

乗用車は400円/回です。

それなりに広いのでハイシーズン外せば停めるには困らないと思います。

Google Mapです!

www.google.co.jp

それでは早速本題へ💨

今回はバスを使って行きました。バス停は待合スペース前にありますので乗車前に一息つくこともできます。

桂浜の海のテラスはリニューアル工事中でした。実質自販機で飲み物を買えるくらいです。

海は波の激しさを見ればすぐに分かりますが、遊泳禁止です。

間違っても泳がないようにしましょう^^;

砂は少し粗めです。


f:id:maemaechan:20221016112307j:image

桂浜名物の坂本龍馬像もあります。

駅前の龍馬像とは別の雰囲気があります。


f:id:maemaechan:20221016112334j:image

龍馬像から竜王岬までは階段のアップダウンが続きます。

岬へ登る階段が少し足場悪いかなっと思うくらいでした。


f:id:maemaechan:20221016112440j:image

岬への階段から一枚📷

天気が良いと海風が気持ち良いです。


f:id:maemaechan:20221016112541j:image

神社が先端にあり、更に上へ行くと展望台があります。

大きな展望台っといった訳ではなく、、3~4人が入れるくらいの広さです。

何人かいる場合は少し待つ必要があります。


f:id:maemaechan:20221016112619j:image

皆さんいかがだったでしょうか。

高知市街からも比較的近いのでお酒を飲むだけでなく、気分転換に行ってみるのも良いと思います!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

セントレジス大阪(大阪市中央区)再び宿泊記!

みなさんこんにちは

今回は昨年に続きセントレジス大阪へ泊まってきました!

ここは日本にある唯一のセントレジスブランドで大阪市内屈指の高級ホテル、マリオット系の中でもラグジュアリーホテルブランドの立ち位置に君臨しています。

 

前回の宿泊記もあります!

ロビーなどの写真は下記旅行記に載せていますので併せて御覧ください!

maemae-travelblog.hatenablog.com

maemae-travelblog.hatenablog.com

今回は

①概要

②共用部

③客室

④朝食

⑤まとめ

の順にご紹介します。

 

↓ホームページです!

www.marriott.co.jp

 

①最初にアクセス方法をご紹介します。

・公共交通機関

大阪メトロ御堂筋・四ツ橋・中央線本町駅、7番出口(本町ガーデンシティ)から館内経由で徒歩約1分。

館内経由で行くことで雨に濡れること無く入館できます✨

 

・自家用車

国道26号線(御堂筋)・国道172号(本町通)本町3丁目交差点から国道172号、大阪城方面へ。次の信号を曲がった先に地下駐車場があります。

駐車料金は1日3,500円です。

www.google.com

②次は館内へ。

平日行ったのもあってか、宿泊客が多くなくロビーも待たされることはありませんでした。

変わらず正面の車寄せには高級車が止まっています。

車好きの筆者にとっては目の保養になります笑


f:id:maemaechan:20221016105237j:image

正面エントランスには立派なロゴがついています。


f:id:maemaechan:20221016105322j:image

中へ入ると欧州風の異空間へ入ります。

客室直行のエレベーターはありませんので、一度レセプションフロアへ行くエレベーターに乗り込みます。

f:id:maemaechan:20221016105705j:image

エレベーター内は紫の照明が演出があります。

また上昇・降下時も照明の色が変化する等の演出があり、非日常を体感できます。

なお客室へ行く際は必ずレセプション前を通過する必要がある為、一定のセキュリティは確保されています。


f:id:maemaechan:20221016105425j:image

ロビーは13F。

欧州を感じる上品な雰囲気です。

レセプションフロアは白を基調とした高い天井、立派なオブジェがある高級ホテルらしい空間になっています。

床もピカピカでどこで撮っても絵になるような光景です。


f:id:maemaechan:20221016105446j:image

ロビーのラウンジスペースはあまり広くはありませんが、小休憩やレストラン、バーの待ち合わせには打って付けの場所です。

屋外(日本庭園)を背景に撮ると結構よい光景が写せます。

また屋外庭園は普通に入ることができ、都会の中で和と自然に触れることもできます。

外資系といえど日本の良さを取り入れているのも好印象です。


f:id:maemaechan:20221016105530j:image

様々な場所にアート作品があります。


f:id:maemaechan:20221016105622j:image

次は客室へ向かいます。

客室エリアは白を基調とした重厚感ある空間になります。

リッツカールトンと雰囲気が少しだけ似ています。

f:id:maemaechan:20221016105855j:image

床の絨毯もふかふかで客室内に足音が漏れることも少ないです。


f:id:maemaechan:20221016105737j:image

角部屋の場合、空いた壁面にもアート作品があります。

どの空間もお洒落に演出しています。


f:id:maemaechan:20221016105803j:image

 

③次は客室へ。

今回は角部屋へ。有難い限りです✨

今回は22Fのスカイラインビューの御部屋へアップグレード頂きました。

ありがとうございます✨

入口付近はセントレジスらしく、重厚感あるデザインです。

 

f:id:maemaechan:20221016110444j:image

客室内の設備は基本構造は大体一緒ですが、部屋の間取りが前回より広めな印象です。

今回は一人で訪問しましたが、ツインベット仕様のお部屋だったのでお昼寝、夜の就寝の贅沢な分け方をして使いました(笑)

セントレジス名物のバトラーボックスもドア横にあります。
f:id:maemaechan:20221016110502j:image

壁面の絵や照明もお洒落な空間を演出します。

ベット左のコンソールボックスに照明関係のマスタスイッチ、調光、カーテン操作等が集約しています。

電動カーテンはなかなかお目に掛かりませんし、殆どの操作を一つのパネルでできるのはとても楽です✨


f:id:maemaechan:20221024203630j:image

冷蔵庫内はミニバーになっています。

冷蔵品を無理くり入れないといけない不便な反面はありますが、便利なので外出がめんどい時は重宝しています(笑)


f:id:maemaechan:20221024203659j:image

今回は自身の誕生日も兼ねて宿泊したので、フィナンシェをいただきました。

言うまでもなく美味しく頂きました。

ここでは1日1回ウェルカムドリンクがあり、それと

f:id:maemaechan:20221024203321j:image

壁面の模様も非日常感が増し、良いものです。


f:id:maemaechan:20221016110525j:image

カーテンを閉めると雰囲気が一気に変わります。

また近頃はコロナウイルスの影響で縮小の一方を辿っているターンダウンサービスも健在です。


f:id:maemaechan:20221016110636j:image

クローゼットは高級ホテルらしく、広々しています。


f:id:maemaechan:20221024210214j:image

水回りはほかの部屋に準拠したタイプが備え付けられています。

レインシャワーはありませんが、壁から水が吐水するタイプがあります。


f:id:maemaechan:20221024203352j:image

バスタブは窓側にあり、ブラインダーの調節も可能です。

またテレビも付いているので時間を忘れて湯に浸かることもできます。


f:id:maemaechan:20221024210246j:image


アメニティ類はREMEDEです。青色の石鹸が出ます。


f:id:maemaechan:20221024203427j:image

水回りはこのような感じです。

背を向ければ大阪市内を一望できます✨


f:id:maemaechan:20221024203609j:image

ドライヤーはレプロナイザー。

慣れれば使いやすいです。


f:id:maemaechan:20221024203528j:image

 

④次は朝食へ。

朝食会場はレセプションフロアのイタリアンレストラン、ラ・デビュータで頂けます。

ご飯は和食or洋食から選び、追加のオプションメニュー「サプリメント」から選びます。

オプションでは卵料理やパンケーキ等をはじめキャビア乗せ等高級メニューもあります。

メニューによって追加料金が掛かる料理もありますのでメニュー表をしっかり見てみてください。

f:id:maemaechan:20221021221334j:image
他のフロアと同じく、白を基調としたインテリアです。

天井が高いので開放感のある空間になっています。


f:id:maemaechan:20221021221402j:image

今回は洋食をオーダーしました。

ドリンクはスムージー、オレンジジュース、ホットコーヒーをオーダー。

量がちょうどよく、どれも美味しく頂きました。


f:id:maemaechan:20221021221235j:image

フルーツも甘く、一日の始まりの食事にはぴったりです。


f:id:maemaechan:20221021221305j:image

オプションメニュー「サプリメント」、卵料理でエッグベネディクトをチョイス。

ここは上にイクラが乗っていて、卵もとっても美味しいです。


f:id:maemaechan:20221021221441j:image

スープはトマトのスープ。

トマトスープの割には結構軽めの味付けなので、くどい!っと感じることなく頂けます。


f:id:maemaechan:20221021221504j:image

⑤まとめ

昨年に続き今年も宿泊しましたが、他のホテルがコロナでサービスを縮小している中、高級ホテルで行うサービスはしっかり行っています。

ジムも事前にバトラーに連絡が必須ですが、普通に利用することができます。

全国旅行支援も始まりましたので、興味がある方はぜひ行ってみてください!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

松山城の夜間ライトアップに行ってきました!(愛媛県松山市)

みなさんこんにちは

今回は愛媛県松山市にあるお城、松山城の夜間ライトアップへ行ってきました!

松山城は1602年に築城され、現在は現存12天守の一つになっています。

↓ホームページです!

www.matsuyamajo.jp

次はアクセス方法です。

・公共交通機関

伊予鉄松山駅前線、大街道駅より徒歩10分。

 

・自家用車

松山自動車道、松山ICより約25分。

駐車料金は¥420/2h前後です。

駐車場は県庁方面・ロープウェイ側等いくつかあります。

Google Mapです!

www.google.co.jp

それでは早速本題へ💨

※夜間ライトアップ時間帯は天守閣へ入ることはできません。

天守閣の営業時間は9~17時前後です。

入場料は大人:520円・こども:160円

 

夜間時間帯はロープウェイが営業してない日もあります。。

筆者訪問日はあいにく営業はなく、ひたすら真っすぐ階段を登っていきました。

足腰弱い方や小さな子供連れだと大変かもしれません。。

f:id:maemaechan:20221016111646j:image

ようやく終わりかと思いきや、ひたすら登っていきます。

ゴールはまだまだ先です^^;

f:id:maemaechan:20221016111621j:image

途中雑木林の間から街並みが見えますが、先に行くに連れどんどん開けてきます。(当然ですが。。。)

開けてくる景色と天守閣を期待しながら登ってきます。足で稼いでいきましょう。。


f:id:maemaechan:20221016111736j:image

途中ロープウェイ降り場の広場がありますが、ゴールはここではありません(汗)

先はまだ長いです^^;

ここから約5~10分弱歩くとようやく到着です。。

戸無門まで行けば目と鼻の先にあります。

ライトアップの本番はここから。

 

f:id:maemaechan:20221016112031j:image

めちゃくちゃ歩かされるせいか、人は思っていたよりまばらで居心地が良かったです。


f:id:maemaechan:20221016111834j:image

立派な鳳凰のモニュメント。

戸無門に入る前からも立派な姿が見えます。


f:id:maemaechan:20221016111905j:image

写真映えがしそうなスポットも多く、広い世代にわたって楽しめると思います。


f:id:maemaechan:20221016111940j:image

イルミネーションの広場の奥側から撮ると城全体まで綺麗に映せます。

日没前だと更に良い写真が撮れます✨


f:id:maemaechan:20221016112113j:image

先述の通り天守閣は入れませんが、周辺は普通に入ることができます。

基本的に明かりがついている場所は入れる形です。

それ以外の場所は真っ暗なのですぐに分かると思います^^;


f:id:maemaechan:20221016112210j:image

皆さんいかがだったでしょうか。

松山城のライトアップは一定期間のみ行うイベントではありますが、普段と違うお城を見てみるのもありだと思います。

周辺に道後温泉等観光地もありますので、併せて行くのも良いかと思います!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

黒潮町でカツオを食べてきました!(高知県黒潮町)

みなさんこんにちは

今月も相変わらず本業が多忙でアップが遅れております。。。

早速ですが、今回は高知県黒潮町黒潮一番館へ行ってきました!

ここはかつお料理を中心にいただけるお店です。

↓ホームページです!

www.town.kuroshio.lg.jp

 

次はアクセス方法です。

・公共交通機関

土佐くろしお鉄道中村線、土佐佐賀駅より徒歩15~20分。

特急あしずり停車駅です。

駅からはギリギリ歩ける範囲です。。

・自家用車

高知道四万十町中央ICより40分です。

施設前に無料の駐車場があります。

Google Mapです!

www.google.co.jp

それでは早速本題へ💨

周囲は漁業施設と民家くらいしかないので近くまで行けばすぐに分かります。


f:id:maemaechan:20221016110807j:image

屋外スペースではカツオを捌いたり、、観光客向けのスペースみたいです。。

海が目の前なのもあってか、漁船の旗があったり漁港の雰囲気があります。


f:id:maemaechan:20221016110824j:image

かつおのタタキの工程が写真つきであります。

馴染みない方でも分かりやすく書かれています。

なおメニューは撮り忘れました。。食べログ等でメニューは載ってますのでそちらで御覧ください。

大体¥1,000~1,800くらいで頂けます。


f:id:maemaechan:20221016110857j:image

お店に入ると座席を案内され、今回はタタキ・はらんぼ定食をオーダー。

タタキ自体はオーダーが入ってから焼き上げのため時間は少しかかりますが、タタキの香ばしい香りが客席まで漂ってきます。

お陰で更に空腹になります^^;

お皿中央左側がタタキ、右は刺し身、上はカツオの希少部位のハランボです。

ハランボもオーダーが入ってから焼き上げるので香りや風味は最高です✨


f:id:maemaechan:20221016110926j:image

お刺身は醤油で頂き、タタキはニンニクやレモン、塩などで食べます。

どちらも美味しくいただきました。

また高知市内の飲食店よりも身が分厚く切られていますので、お得です。


f:id:maemaechan:20221016110955j:image

次はハランボ。

口に入れた瞬間、身が溶けてしまうくらい脂が乗っています。

希少部位だけあります。


f:id:maemaechan:20221016111042j:image

皆さんいかがだったでしょうか。

この内容で¥1,500前後とリーズナブルな値段で頂けます。

またこの周辺は四万十川を始めとした自然豊かなスポットが多いので、併せて行くのも良いかと思います。

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

建仁寺(京都市)訪問記

みなさんこんにちは

今回は京都市建仁寺に行ってきました!

簡単に紹介すると1202年に建立され、禅宗の寺院として当時の文化や朝鮮などを始めとした文化財が多く残っています。

また境内の建造物の多くも国等行政機関の文化財としても指定を受けています。

↓ホームページです!!

www.kenninji.jp

次にアクセス方法の紹介へ。

・公共交通機関

京都バス・市バス、東山安井バス停より徒歩5分。

また京阪線三条京阪駅より徒歩10分少々。阪急線、京都河原町駅より約15分少々です。

バス路線は系統が多いので確認するのがベターです。

 

・自家用車

名神高速、京都東IC下車、国道1号線or三条通経由で約30分。

駐車場は京都ウインズ(場外競馬場)側にあります。

駐車料金は¥250/30minで比較的良心的な値段です。各種クレジットカードでの決済も可能です。

Googleマップです!

www.google.com

 

それでは早速本題へ。

拝観時間は10時~16:30で拝観料は大人600円・子供300円です。

門を潜ると早速立派な建物が出迎えます。

館内は土足禁止で、復元された文化財を見ることができます。

f:id:maemaechan:20220710204624j:image

襖や屏風、畳の帯等様々な所に工夫を凝らしたデザインになっており、見てて飽きることは無いと思います。

撮影は自由でしたが、フラッシュはNGです。


f:id:maemaechan:20220710204659j:image

この襖の絵ですが、復元ですが当時の美術の技術力の高さが垣間見える場面でした。

こういった作品展示がいくつもあり、歴史好きや美術が好きな方は面白いと思います。


f:id:maemaechan:20220710204729j:image

屋外には枯山水を始めとした日本庭園が広がっています。

筆者も目で見ながらもカメラが手放せませんでした(;^ω^)


f:id:maemaechan:20220710204753j:image

本殿・枯山水とのショットで。

日本庭園を見ながら休憩もすることができます。


f:id:maemaechan:20220710204827j:image

大書院へ。

どれも驚くような絵画が多く並んでいます。


f:id:maemaechan:20220710204900j:image

途中小さな建造物を1枚。(名前は忘れました。。ごめんなさい)

大きな建物ばかり見ていたせいか、こじんまりした建物まで写真を撮りました。


f:id:maemaechan:20220710204951j:image

日本庭園は中庭でも見れます✨


f:id:maemaechan:20220710205032j:image

みなさんいかがだったでしょうか。

長い歴史があるお寺ならではの芸術品や文化があり、退屈することも少ないと思います。

また立地も祇園エリアにあるため他のお寺と共に行くこともできますので、おススメです!

よろしければ、読者登録・お気に入り登録・SNSでシェアもお願いします➕

最後までご覧いただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村